米軍 最初期型 MA-1フライトジャケット MIL-J-8279モデル WAIPER.inc SAGE

MA1sagewip
MA1sagewip MA1sagewip MA1sagewip MA1sagewip MA1sagewip MA1sagewip

米軍 最初期型 MA-1フライトジャケット MIL-J-8279 モデル 再現 WAIPER.inc SAGE

サイズ:M ¥18,480(税込)
売り切れ 売り切れ 売り切れ
サイズ:L ¥18,480(税込)
売り切れ 売り切れ 売り切れ
※実店舗での販売も行っております。
タイミングによっては商品の発送ができない場合がございます。
※モニタなどの環境で、写真と実際の商品とは色が多少異なる場合があります。

MA-1の最初期型MIL-J-8279を再現した商品です。

 

MA-1は第二次世界大戦後に陸軍航空隊から独立して設立されたアメリカ空軍が、その設立当初に開発したナイロン製のフライング・ジャケットです。本来はインターミディエイト・ゾーンと呼ばれる摂氏マイナス10度から10度の地域で飛行するパイロットのために開発されたものでした。

戦闘機のコクピットは狭く、その上さまざまな機器に囲まれ、レバーやスイッチなどの突起物も多い。そこでパイロットの身体に負担がかからず、着心地が良く、動きやすく、収納性、耐久性、保温性、防水性などの機能にすぐれたジャケットとして誕生したのがMA-1で、飛行服の傑作中の傑作といわれています。1952年に空軍パイロットの標準支給品となって以来、1980年代までパイロットたちに愛用されてきました。

 

そのMA-1の最初期型MIL-J-8279を再現しました。

 

最初期型(第1規格モデル)
生産年:1952年~1955年
軍規格:MIL-J-8279(USAF)
特徴 :胸のジッパー横にボックスタブ、両脇にはICSコードループが付属。

 

ナイロンの質感にこだわっていて、しっとりとした重みのあるナイロンを使用し、安物のシャカシャカするフライトジャケットとは全く別物です。シルエットはアームホールを絞り、着丈をやや長くすることで、タイト過ぎず、野暮ったくならず仕上げています。

 

サイズ表記 着丈 身幅 肩幅 袖丈
M 64 cm 53 cm 46 cm 59 cm
L 66 cm 56 cm 48 cm 60 cm

 

表地:ナイロン100%
裏地:ポリエステル100%
別布:ポリエステル100%
リブ部分:アクリル100%
詰め物:ポリエステル100%

※製造年度により素材が「別布:綿97% ポリウレタン3%」「リブ部分:アクリル95%、ポリウレタン5%」となる場合が御座います。

 

商品状態 新品未使用


∧TOP